2006年07月05日

やってみた!

じょりさんとこでEQ診断なるものを見つけたのでやってみた。
 
EQ診断
 
 

状況判断力

[51点] 客観的な立場での情報判断力はピカイチ
 

あなたはまずまず人並以上の状況判断力をもっています。特にあなたの場合、客観的な立場であるほど、正しい判断ができるようです。これまでも友人から恋愛や就職問題などについて相談を持ちかけられたときに、相手が驚くような的を射たアドバイスをして、感謝された経験があるのでは?
ただしその反面、せっかくの状況判断力も自分に直接利害が及ぶような場面ではやや鈍ってしまいがち。「失敗したらどうしよう」とリスクを実際以上に大きなものと考えたり、逆に本来なら危機を感じなければいけないような局面でも楽天的にのんびり構えたりしやすいのです。そのためあなたは、アドバイス上手ではあるけれど、実際に自分に関することでは読みがはずれるケースが少なくないよいうです。
ある程度、優れた状況判断力を持っているのですから、欲に目がくらんだり悲観的になりすぎたりせず、自分自身に対して客観的な立場から結論を下す姿勢が大切といえます。

 
 


感情制御力

[67点] 感情制御力が強すぎて、人間味に欠ける傾向も
 

あなたはかなり強い感情制御力の持ち主といえるでしょう。普通の人ならガックリ落ち込んでしまうようなショッキングな事件に見舞われたり、つい大はしゃぎするようなうれしい出来事に出会ったりしても、平然と構えていることができるのが、あなたなのです。それだけに周囲の人からは「大物」なんて評価をちょうだいしているかもしれません。
ただしその反面、あなたはときとして感情制御力が強く働きすぎて「気取った人」「人間味に欠ける人」などと思われてしまうことも少なくないかも。
また本当はつらい状況にあるのにつらそうに見えないために、周囲の人になかなか助けてもらえない・・・・・といった状態も考えられます.ですからあなたの場合はむしろ、必要な時にははきり感情を表現することを心がけたほうがよさそうです。

 
 


意志実行力

[33点] 予想外の事態にぶつかるとすぐに弱気になりそう
 

あなたは意志実行力が必ずしもないというわけではありません。ただ計画を練ったり準備を整えたりするのにやや時間がかかりすぎるため、要領よくチャンスをものにする・・・・・というわけにはなかなかいかないようです。
さらにあなたの場合、少しでも予想外の事態にぶつかると、弱気になってしまいやすい面もあるようです。計画を遂行する自信がなくなって、自分から身を引いてしまうことがすくなくないのです。これまでも、たとえば好きな相手にライバルがいることを知って恋をあきらめたり、予想以上に資金がいることをしって独立を断念したりという経験があるのではありませんか?
目の前にちょっとした壁が立ちはだかったときは、それにあえて立ち向かっていくだけの強気な姿勢が大切だといえます。

 


対人共感力

[46点] 身近な人には親切だけれどその他の人には無関心
 

あなたの対人共感力は、他の人とくらべて特別低いわけではありません。特に身近な人に対しては、あなたは抜群の対人共感力を発揮することができるでしょう。相手が少しでも落ちこんでいたらすかさず優しい言葉をかけることができるし、なかには自分のことは後回しにしてでも友人を助けようとする人もいるはず。それだけにあなたは、人一倍愛情や友情が長続きするタイプといえます。
ただしあなたには、親しい人には対人共感力を発揮できるけれど、そのほかの人に対して無関心になりやすい傾向があるようです。家族や恋人、親友にはとても親切に振舞うけれど、単なる知り合いには結構冷たいタイプ・・・・・というわけです。
そのためあなたは、だれかと知り合っても本当に親しくなるまでにかなり時間がかかりそう。またあなたが困ったときに助けてくれる人も結果として少ないかもしれません。

 
 
 


総合診断

 
[タイプF] リーダーとしてよりナンバー2として実力を発揮
 

状況判断力と感情制御力の2つのテストで比較的好成績をマークしたあなたは、一言でいって、典型的なナンバー2、ナンバー3タイプだといえるでしょう。
そもそもあなたは人一倍冷静で、どんなトラブルに直面したとしてもそこからの脱出法を考えつくことができるはず。そうした状態に直面すると、持ち前の分析力を発揮する機会としてむしろはりきったりしそうです。これまでも、その能力を活かして困っている友人にアドバイスをおくったりして、感謝されたりした経験があるのでは?
そんなあなたですか、リーダー的な立場にはやや不向きかもしれません。周囲の人々をぐいぐい引っ張っていつ行動力や、みんなの信頼を集めるだけの人望に、あまり恵まれていないのです。
だからこそ、人を押しのけて自分が先頭に立とうとするよりも、責任のあまりない立場でトップの人を補佐する役割に向いています。そのほうがあなた自身ストレスを感じることなく、自分の才能を発揮できるでしょう。
また恋愛や結婚に関しても、同様のことがいえます。男性も女性も、あまり強引に相手を自分のものにしようとすると、かえって「つまらない人物」と思われかねません。
むしろあなたの場合は、好みなどをしっかりリサーチして相手の「理想の異性像」に近づく努力をすることがまず大切です。愛するよりも愛される存在になることで、目当ての異性と恋人になれる可能性も大きくアップします。
恋人同士になってからも、ふだんのデートなどに関しては相手に主導権をゆずっておいた方がうまくいきます。そして相手が進路などについて迷っていたときに、ちょっとしたアドバイスをして「しっかり者」「頭がいい人」というイメージを強調しておけば、いい関係が築けるでしょう。
いずれにしても、実質的な主導権を相手にゆずりアドバイザーに徹することが、あなたが幸福を手に入れるポイントです。無理をするよりもそのほうが、かえって物事が思い通りに進展します。

 
はっきりいいます・・・
 
結構あたってるかも・・・
 
特に対人共感能力のあたりがね
 
本当にそのまんまな気がします
 
 
まあ、是非みなさんもやってみてね
 
以外にあたるかも・・・


posted by よねさん at 19:41| 愛媛 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁささんのページが見れなかった・・・。

なんだかエラー?みたいな・・・?なんでだろう・・・・。
Posted by テストやってみたい、こーじ at 2006年07月06日 02:59
う〜ん、ブログを統括したのかも

mixiのPCSコミュニティーからまぁささんのとこに行って見なさい。
たしか載ってた
Posted by よねさん at 2006年07月06日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。